NEWS

スケートシーンのためにハイエンドなウエアを作るパリ発のスケートブランド、FUTURがカッコいい
UPDATE: 2016.05.14

スケートシーンのためにハイエンドなウエアを作るパリ発のスケートブランド、FUTURがカッコいい

マテリアル、シルエット、ディテールに徹底してこだわったミニマムかつアーティスティックなデザイン。パリ発のスケートブランド、フューチャー(FUTUR)は、他に類を見ない洗練されたプロダクトを発信するスケートブランドだ。ここで強調したいのはハイブランドに負けず劣らずのウエアながらフューチャーはスケートブランドということ。スケートをモチーフにしているわけでもなければ、スケートにインスパイアされているわけでもない。フューチャーにはスケートチームもあるし、年に2回ほどのペースでスケートツアーを行い、映像も定期的に発信している、パリならではのスタイリッシュかつクリーンなアート性が特徴のスケートブランドだ。

 

ここではフューチャーを手掛けるクリエイティブディレクターのフィリックス・シェイパーとアートディレクターのベン・フレドニの2人のインタビューからブランドのルーツ、そしてその魅力に迫る。

 

 

_YS_0209左_ベン・フレドニ 右_フィリックス・シェイパー

 

 

――素材やシルエット、ディテールワークなど従来のスケートブランドとは違い洋服へのこだわりを強く感じます。洋服を作る上で大切にしていることを教えてください?

 

フィリックス(以下F):ボクは15年以上スケートをやっていて、それが絶対的にルーツであり軸なんだ。今はいろんなハイブランドがスケートの要素を取り入れていることってすごく多いよね。でも彼らはスケートカルチャーの美味しいとこ取りで、スケートシーンに還元するような活動は何もやってない。だからボクらは逆にスケート業界の立場に立ってハイクオリティでハイエンドな服を作るようにしているんだ。スケートチームもあるし、年に2回はムービーも出しているし、スケートツアーで海外もいく。 Air Max 2015 Dames Goedkoop ボクらはスケートブランドだってことを常に一番に考えて服を作っているよ。

 

ベン(以下B):普通のブランドってシーズンごとにテーマを決めるよね。例えば”90’s”とか”ミリタリー”とかね。 Nike Air Max 90 JCRD Dame でもボクらのブランドはそういうシーズンテーマみたいのはないんだ。

 

F :具体的なことを言えば色が一番重要。デザインするときは色を一番最初に決めて服作りをしていくんだ。コレクションを作るときは最初に4色ぐらいのメインカラーを決めるんだ。基本的にカラバリっていうのは作らない。この型のパンツは白って決めたら白しか作らないし、黒って決めたら黒しか作らない。2人でこれだって決めた色しか作らないんだ。

 


 

――デザインする上でインスピレーションの源になっているものを教えてください。

 

F:インスピレーションっていうと難しいね。よくスケートで旅をするから、その時に目に入ってきたものや、頭に浮かんだイメージとかかな。 Nike AIR Max 2017 Zwart 音楽のジャケットっていうときもあるけど、その時その時によって変わってくるよ。ボクは写真も撮るから、その場で撮ったものや好きなもの、その時気になったものって感じだよ。

 

B:例えば背中に「ブレイキングアイズ」って書いてあるTシャツを作ったことがあるんだけど、それはマドリードにスケートツアーに行った際に、最初にトリックが撮れたときに、誰かが言った言葉なんだ。ボクもフィリックスもその時にその言葉がすごくいいなって思って、それをTシャツにしたんだ。そういうふうにインスピレーションっていうのが何になるかは自分たちでもわからないんだ。

 
_YS_0197

_YS_0168

_YS_0145

_YS_0142

_YS_0192
 

――スケートブランドにしてはブランドのヴィジュアルに女性モデルが起用されることが多いように感じます。そこにはどういった狙いがあるのですか?

 

F:別にそこにこだわりはないよ。 Nike Air Huarache Heren でもボクらはハイエンドなファッションやアートのシーンに友だちが多くて、フォトグラファーもよくハイブランドを撮影をしている人に頼んでいるから、彼らの繋がりでキレイな女性モデルに出演してもらったこともあるってだけだよ。それに日本のブランド、モンキータイムとのコラボコレクションのときはキッズたちをストリートブッキングして撮影したしね。1つ気をつけていることは、見てくれる人が飽きないように常に新しいことをやるようにしているだけだね。

 
OBADIA-WILLS
女性が出演した過去のルックブックからの1枚。
 

――パリに比べて日本のストリートやファッションの印象はどうですか?

 

B:今回、はじめて日本に来たんだけど来る前からずっと日本のファッションには注目していたんだ。本当に細かいところまで気が効いていて、いいものを作っていると思う。街を歩けばショップも多いし、みんなスタイルがある。何を着ると自分に似合うか理解してファッションを楽しんでいるところがすごくいいね。

 

F:日本は商品のパッケージやレコードのカヴァーとか、そういうところのグラフィックやディテールワークとか細かいところまでこだわりがすごい。ヨーロッパってエレガントとかハイエンドってイメージがあるけど、ボクらは日本のそういう繊細なモノ作りに、すごく興味があるんだ。 Nike AIR Max 2017 Dames Zwart Wit だから日本ではスケートツアーもしたいし、日本のスケートシーンもしっかり見たいな。いい子がいたらチームライダーとしても誘いたいね。あとはフォトエキシヴィジョンも日本で開催したいな。

 
_YS_0157

_YS_0156
 

――パリのスケートシーンについても教えてください。

 

F:最近は今までに無いぐらい盛り上がっているね。4年ぐらい前まではパリのスケートスポットって街の中心から離れていて、エリアが分かれていて、各地のライダーたちが交わることってあんまりなかったんだけど、2年ぐらい前、中心街に大きなスケートスポットができて、いろんなエリアのスケーターがそこに集まるようになったんだ。もともとパリってスケートの歴史が長いしマーケットも大きかったんだけど、さらに勢いついた感じがするね。ナイキやシュプリームもできたし、そこを中心に新しい動きがどんどんはじまっているよ。

 

B:若くてフレッシュないいスケーターも増えてきたしね。NYのスケートシーンのように、大きくなりつつあるよ。

 

――今後の活動や動いているプロジェクトなどあれば教えてください。

 

F:パリでギャラリーをオープンする準備をしているよ。フューチャーという名前は使わないけど、ブランドと同じDNAを持ったギャラリーとして企画しているんだ。あとは今の段階ではまだ言えないけど、ある人物とコラボレーションしてカプセルコレクションを作る予定だよ。誰もが驚くような人物だから、予想できる人もいるかも知れないよ。

TAG:
FASHION

SNS: