NEWS

ファッションだけじゃなかった! クールなHIPHOPアーティストの熱いLIVEマッチ
UPDATE: 2017.03.11

ファッションだけじゃなかった! クールなHIPHOPアーティストの熱いLIVEマッチ

ライム、フロウ、リリックにステージング。クールなHIPHOPアーティストの定義はいくつもあるが、ファッションだって重要なエレメント。そんなファッションシーンからも注目される人気の3組が集ったエクスクルーシブなイベントをレポート。彼らがクールなのはやっぱりファッションだけじゃなかった!
 photograph_Seitaro Tanaka

 

 

レポートするのは昨年6月にO-EASTで開催され、大きな盛り上がりを見せたMTV主催の「MTV LIVE MATCH」。第2弾となる今回は規模がスケールアップ、会場となった新木場スタジオコーストには多数のオーディエンスが詰め掛けた。そして今回出演したのは冒頭で触れたようにファッションもイケてるアーティストたち。本誌でも度々ピックアップしてきた。

 

まずステージに登場したのは本誌読者にはおなじみのKANDYTOWN。おなじみのストリートブランドをまとい登場した彼らは、スタジオコーストの大きなステージでもいつも通り。曲ごとにMCが次々と現れ、10名を超える個性あふれる集団MCスタイルで展開されるLIVEで、KANDYTOWN初見のファンが多いであろうオーディエンスの目を惹きつけていた。ファンキーなアッパーチューンからメロウな楽曲まで全17曲。ほぼMCなしで彼らの世界観を表現されたそのステージは、まさに”クール”という言葉がぴったりだった。

sub1

KANDYTOWN

 

 

続いてステージに登場したのはAKLO。ブラックのレザーJKTをラフに羽織ったハードな着こなしに身を包み、自身の中でのブームだというマイクスタンドでのLIVEで、大人の雰囲気あふれるステージを展開した。「16人組のアーティストに挟まれて1人でやらないといけないけど、がんばるよ」なんてユルいMCを挟みながらも、長いキャリアに裏打ちされた余裕のステージングは、HIPHOPの現場に不慣れなオーディエンスの体を揺らし、手を振らせ、楽しませていた。どんなオーディエンスをも楽しませつつも、しっかりと自身の世界を伝える。1st収録のラブソング「Foot Print」や名曲「Your Lane」も含めた11曲のライブは、オーディエンスの心にしっかり残ったはず。

sub2
AKLO



トリは今年1月にデビューを果たしたばかりの16人組ダンス&ヴォーカルグループ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。正直会場のオーディエンスはほとんどが彼ら目当て。女子たちの甲高い歓声は予想を上回るものだった。色鮮やかでスタイリッシュなファッションにアクロバティックなダンス、甘いボーカル。ステージを広く使い、魅せるそのパフォーマンス。会場の熱を一気にあげた彼らのエンターテイナーぶりはさすがでした。

sub3

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

 

個性的な3組がそれぞれのHIPHOPを表現したこの日の新木場スタジオコースト。当たり前だけど、やっぱり彼らはファッションだけじゃなった。ファッションが入り口でもいいけど、やっぱり生のLIVEは楽しいし、楽曲もLIVEもスタイルがあるアーティストはカッコいい。この日の3組のステージはそんなことを改めて感じさせてくれた。

TAG:
EVENT

SNS: