NEWS

“生”と向き合うアーティストが、<br />“羊”をモチーフにした展示を開催
UPDATE: 2018.03.14

“生”と向き合うアーティストが、
“羊”をモチーフにした展示を開催

“生” “生への執着”。「生きることは死んでくことと知る」ってあのラッパーも言ってたように、Yuma Yoshimuraというアーティストが制作をする上で大切にしているテーマのひとつ。これまで国際的に数多くの作品を発表し、東京をベースに活動するYuma Yoshimuraは、線画のようなものからクレヨンを使用したものなど、型にハマらない手法でアートをフォーマットにアウトプットする。今回は“羊”をテーマにした『まぎれこんでしまえば -magirekonde-shimaeba』と題された展示を、下北沢の隣にある池ノ上の〈QUIET NOISE arts and break〉にて開催中。気になる展示は、羊には成長しながら集団を形成し、先導される方向に従う習性があり、生まれ持った本能そのままを垣間見ることができると言うように、幼少期から細分化された何らかの組織に属し、思考を繰り返しながらではあるが道標を辿って生きるという人間を重ねている。さらにそこにある“秩序”と“無秩序”も表現し、あとは見てどう感じるかは人それぞれ。まずは見て、感じ、答えなんか簡単に見つかるわけはないけれど、どう考えるかが大切だ。ちなみに本展示は〈Basement GINZA〉にて開催のアーカイブ展『逆走 -gyakusou』との同時開催となっているので、ぜひハシゴ酒ならぬハシゴ展がオススメ。

-Yuma Yoshimura-
1980年生まれ、多摩美術大学絵画学科版画専攻卒業、東京在住。
主な個展は、『In-to-You』(A Word of Art、南アフリカ・ケープタウン、2011年)、『The Burning Silence』(Montana Gallery、スペイン・バルセロナ、2013年)、『beyond the shapes』(Calm&Punk Gallery、東京、2017年)。2013年にはロシアのウラジオストク・ビエンナーレに参加するなどでも注目を集めるアーティスト。
INSTAGRAMはこちらをクリックしてください。

-INFORMATION-
『まぎれこんでしまえば -magirekonde-shimaeba』
会期:開催中〜4/1(日)
※ 土日祝のみ営業(平日アポイント制)11:00〜20:00
会場:QUIET NOISE arts and break
東京都世田谷区代沢2-45-2 1F
HPはこちらをクリックしてください。

『逆走 -gyakusou』
会期:3/17(土)〜4/1(日)12:00〜19:00
※期間中月曜定休
会場:Basement GINZA
東京都中央区銀座4-3-5 Ploom Shop 銀座B1F
HPはこちらをクリックしてください。

TAG:
ART

SNS: