NEWS

新世代を代表するCRAMによる<br />絶対的な3人のラッパー+αを<br />映し出したMVがドロップ
UPDATE: 2019.03.15

新世代を代表するCRAMによる
絶対的な3人のラッパー+αを
映し出したMVがドロップ

福岡出身のトラックメイカー/プロデューサーとして、HIPHOPシーンに欠かすことのできないCRAM。2018年10月にDOGEAR RECORDSからリリースされた『The Lord』は、CRAM自身の名義での初となるオフィシャルアルバムで、BES、KOJOE、ISSUGI、仙人掌、ILLSUGIらの日本人勢に、DEXTER FIZZ、KONCEPT JAK$ON、FLY ANAKINなどの海外勢も招き全22曲を収録。そんなリリースから5ヶ月が経った今、BES、KOJOE、ISSUGIとのアルバムタイトルと同名の収録曲『THE LORD』のMVがドロップされた。BiVのKentaro Fujiwaraが担当した映像は、CRAMと繋がりも深いブランド〈Hellrazor〉のヘッドショップ的なWaveystoreなどで撮影。『The Lord』や『THE DEVIL IN ME』などの1曲目で、スケートボードのウィールやトラックが跳ねる音を入れるCRAMらしく、仲間との繋がりとスケートボードへの想いを感じる撮影場所のセレクトにもグッとくるはず。4人の化学反応が生む4:01に込められた世界から、HIPHOPの魅力を観て聴いて感じてもらいたい。

-PROFILE-
CRAMのDJ/ビートライブを観ると、音はもちろん「機材を操る動きもHIPHOPなアーティストだな」と思うはず。10代より福岡をベースにキャリアをスタートし、カナダのトロントへ移住し活動した経歴も持つ、日本のビートシーンを牽引する存在だ。
INSTAGRAM @cram3324moevius

TAG:
MUSIC

SNS: