NEWS

ユーザーとして足を運べて<br />プレイヤーにもなれる場へ<br />-HOTEL Lafayette-
UPDATE: 2019.05.20

ユーザーとして足を運べて
プレイヤーにもなれる場へ
-HOTEL Lafayette-

NYのホテルを彷彿させる3フロアで特別な体験を

横浜に2月にオープンしたばかりのHOTEL Lafayetteは、
今までにない新しいコンセプトが面白い。NYの老舗ホテルをイメージし、
オリジナルアイテムを展開するショップやカフェ&バーにギャラリー、
そして誰もが自由に利用できるレンタルスペースと“体験”することの大切さを伝えてくれる。
誰もがユーザー&プレイヤーとしてジャンルの壁を越えて繋がるHOTELへご案内しよう。

photograph_Yoko Tagawa[horizont]

毎週のように変わる
POP UPの開催を軸に

アプリなどを使い、個人で服を作って売ることがより身近になった今、オンラインでオリジナルアイテムを販売している人は多いけど、リアルな店舗を出すとなるとリスクやハードルが高くて、足を踏み出すのは中々難しい。そこでお試し的な感じでも使えてオススメなのが、横浜&ファッションを中心にストリートを長年支えるLafayetteが、新たに横浜の岡野にOPENしたばかりのHOTEL Lafayetteだ。1Fにカフェ&バーとオリジナルアイテムや雑貨などの販売、2FはPOP UP SPACE、3Fがギャラリーとそれぞれにコンセプトを掲げ、3フロアで構成されたレンタルスペース&ショップ。NYの老舗ホテルを思わせるような外観と内装が印象的で、外にはアメリカの国旗とお店のフラッグ、店内にはベッドやNYの観光案内マップが置いてあったりするところからも、U.S.への強いこだわりを感じる。そんなショップの主軸になっているのは、イベントやPOP UP。ほぼ毎週のようにアーティストやブランドがPOP UPを開催しているから、日常ではあり得ない人との出会いや、経験をすることができる。「店舗を持っていないブランドさんが入ったり、アーティストの私物を販売するイベントも開催しています。この前、山嵐のベーシストの武史さんがPOP UPを開催した時には、思い入れのある私物や本人によるリメイクアイテムを販売し、武史さん自身がいたこともあり、お客さんの中には九州からわざわざ足を運んでくれた人もいるんです」とマネージャーの中澤さんが話すように、普段ステージ上のプレイヤーと観客の関係であるアーティストとも話せる、ココならではのイベントも遠方から人が訪れる理由のひとつ。利用料金は3時間¥7500(詳細は4P目を参照)とリーズナブルで、「趣味で撮っていた写真を展示してみたい」、「オリジナルのアイテムを販売してリアルな声が聞きたい」、「短期間だけオフィスや作業場として利用したい」なんて人には持ってこい。「基本的にレンタルスペースでやってはいけない事というのはなくて、パーティでも展示でもなんでもOKです。まだOPENしたばかりなので、今のところLafayetteと交流のある人たちのご利用が多いですが、もっとジャンルや年齢を問わず色んな方達に使って欲しいですね」。さらに、HOTEL Lafayetteの特徴と言えるのが、3Fまであるフロアを連動して使うことが出来るということ。全てのフロアを1組で使うことも出来るけど、3フロア別々のイベントが入ることもあって、イベントごとに全くお客さんの層も違うらしいので、ジャンルの違う人やコミュニティが繋がることも日常茶飯事。ジャンルや年齢などの壁は一切なく、好きなことを好きなように展示&販売でき、新しい繋がりも生んでくれる空間は、堅苦しいルールは一切なしな、ストリートマインドともリンクしている。

ファッションだけじゃなく
食や音の文化の大切さを

そんな誰でも利用できるレンタルスペースがある側面を持ちながら、1Fではオリジナルアイテムの販売やカフェ&バーがあるショップであることも忘れてはいけない。バーではちょっとした軽食や、藤沢のピザ屋Torattoria Cuccina G.G.で修行したスタッフが作るピザも楽しめ、マネージャーの中澤さんが特にこだわっているのがクラフトビール。「バックボーンやカルチャーを理解して、洋服を買ったり身につけたりする人は多いと思うのですが、その大切さを洋服以外の食べ物や飲み物でも伝えたいなと思っていて。クラフトビールって元々個人の庭先とかで、“こんなビールがあったらいいな”的な軽いノリで始まった文化。だから、U.S.には個性的なクラフトビールがたくさんあって、そこにはそれぞれのストーリーやスタイルが詰まっているんです。それは現場に来ないと分からない事がほとんどだから、クラフトビールを通して、上っ面だけではなくそこにあるバックボーンを知って何かを選ぶ、という考え方を伝えていけたらと思っています」。今後は、日本ではあまり耳にしないリスニングパーティも行う予定らしく、服&音楽&食でカルチャーを発信しているのが、横浜から長年ストリートを盛り上げ続けるLafayetteらしいスタンス。ユーザーとしてフラッと遊びに行ったとしても、プレイヤーとしてイベントに挑戦したとしても、未知なるカルチャーや人との出会いが、新たな人生の扉を開いてくれるに違いない。

SHOP DATA

HOTEL Lafayette
神奈川県横浜市
西区岡野1丁目16-4
TEL;045-624-8488
営業時間 11:00-20:00
定休日 無し
URL:lafayettecrew.jp
Instagram:@hotel_lafayette

_YT_8199h
ホテルのゲストルームを再現した2FのPOP UP SPACEには、レトロな雰囲気を感じる照明やベッドが。ベッドも作品の展示などでラフに使用可能。ホテルのゲストルームを再現した2FのPOP UP SPACEには、レトロな雰囲気を感じる照明やベッドが。ベッドも作品の展示などでラフに使用可能。

_YT_8205h
ノスタルジックな空気感を演出するタイプライター。こういう店内の置物には、興味深いストーリーがある事が多いので、気になったらスタッフに尋ねてみよう。

_YT_8211h
NYで買い付けてきた雑貨などが陳列され、中には『I LOVE NY』と書かれた、お土産でよく見るチープなコップも。

_YT_8217h
U.S.のクラフトビールが揃い、手書きのPOPなどからもマネージャーのビール愛が感じられる。

_YT_8248h
1F部分の外壁は青で彩られており、展示をしたアーティストがここにペイントを施すこともあるそう。

レンタルした人たちの
リアルな声が聞きたい

このページを読んで「HOTEL Lafayetteで何かやってみたい」と思ってくれたとしたら、
気になるのが実際使った人たちのリアルな声。イベントでのエピソードや、そもそも何を目的にレンタルしたのかなど、
ブランド、アーティスト、飲食店とジャンルの異なる4組のリアルな声をお届け。
Print
将来持ちたいカフェ&アパレルのショップをカタチに

「ブランドを立ち上げたのはPOP UPの半年前くらい。将来カフェとアパレルを併設したショップをOPENしたかったので、3Fでアパレル、1Fでカフェの運営を行いました。作ったばかりの商品が手元に届いて店頭に並べるまでの間は、忙しくてほとんど寝てないですね(笑)。Lafayetteスタッフの方達も買いに来てくれたのは嬉しかったです」。
CHARMAN CLOTHING  @charman.clothing

_YT_8261h
始まる前の宣伝や
完成された内装が魅力

「準備期間はだいたい1週間くらいで、店内の内装はある程度完成されているのですが、なるべく自分の作風と合わせられるように、サーフボードや飾り物でハワイアンテイストにしました。ネームバリューのあるLafayetteさんが積極的に宣伝してくれたこと、そしてスタッフの方々も率先して手伝ってくれたのが嬉しかったです」。
ZENSIST  @zensist

IMG_5194
自分たちの製品を15年間
愛用している人との出会い

「以前から『O.GEE.BRIGHTNESS』のスニーカークリーナーを取り扱い頂いている経緯から、 ここでしか体験出来ないスニーカークリーニングチームによる、シューズクリーニングサービスを開催しました。リリース当初から愛用して頂いているお客様に出会え、実際にクリーニングを体験して頂けたことがとても印象深いですね」。
O.GEE.BRIGHTNESS  @o.gee.brightness

matingstore logo
別の店と共にやることで生まれる新たな繋がり

「3Fで三軒茶屋のショップPenetranswerと合同でPOP UPを行いました。普段は東京に店舗を構えているのですが、神奈川在住の方が来てくれたりと、知らないコミュニティ同士が交わるのが一番の魅力だと思います。仲良くなって、1Fでビールやコーヒーを飲みながら会話できるのが良かったですね。」
MATING STORE  @matingstore

各フロアの説明

1F 36m²
キッチン・カフェバー付きレンタルスペース
2F 36m²
ポップアップショップ用レンタルスペース
3F 36m²
ギャラリー用レンタルスペース

※キッチン・カフェバーの貸し出しは致しません。
弊社スタッフの管理となります。

通常営業日・営業時間
不定休 11:00~20:00

レンタルスペース予約受付時間
10:00~23:00

アメニティの有無
テーブル 〇
椅子 〇
プロジェクター 〇
駐車場 ×
WIFI 〇
ホワイトボード ×
プリンター ×
キッチン設備 〇
調理機材 〇
テレビ 〇
ロッカー ×
ケータリング 〇
バー 〇
音響設備 〇
ミラー 〇
シャワー ×
更衣室 ×
照明設備 ×
写真撮影機材 ×
動画撮影機材 ×
公共交通機関 〇
トイレ 〇
冷蔵庫 〇
電源 〇
冷暖房 〇
周辺に飲食店 〇
スーパー/コンビニ 〇
バリアフリー ×
飲酒 〇
ペット ×
子連れ 〇
喫煙 ×

利用目的項目

・ 物販 / ポップアップショップ
・ パーティー / イベント
・ 会議 / 研修 / 講習会
・ 個展 / 展示会

料金案内

平日 / 時間単位
1F 1時間 2,500円
2F 1時間 2,500円
3F 1時間 2,500円

土日・祝日 / 時間単位
1F 1時間 3,500円
2F 1時間 3,500円
3F 1時間 3,500円
※最低利用時間は3時間となります

平日 / 日単位
1F 1日 20,000円
2F 1日 20,000円
3F 1日 20,000円

土日・祝日 / 日単位
1F 1日 30,000円
2F 1日 30,000円
3F 1日 30,000円

※予約受付時間内で9時間分ご利用可能となります
※9時間を超えて利用する場合は延長料金として時間単位分が加算となります

TAG:
ART

SNS: