NEWS

3つのフィールドで魅せる<br />U.S.&日本人スケーターのアートを<br />-BRIXTON PRESENTS-
UPDATE: 2019.01.25

3つのフィールドで魅せる
U.S.&日本人スケーターのアートを
-BRIXTON PRESENTS-

今年は成人式が1/14(月)だったから世間的には3連休で、ちょっとした旅行に出かけたり、正月ボケから抜けられず家でダラダラしたりして、存分に連休を満喫したって人は多いはず。そんな楽しかった連休も明け、仕事や学校がスタートする憂鬱な1/15(火)に、渋谷のTHE CORNERにて行われたのが、CAのオーシャンサイドにて誕生したブランド〈BRIXTON〉主催のアートショウ。数型のヘッドウェアからスタートし、現在ではボトムからアウターまでトータルで展開するBRIXTONは、スケーターやバイカー、アーティストなど、様々なカルチャーへの造詣も深いブランド。そんなBRIXTONのライダーであり、世界観を共有するDolan Stearns、Brian Delatorre、熊谷一聖の3人が生み出した作品が展示され、新年早々ディープなアートを楽しめるイベント内容に。それぞれが立体物、写真、絵と異なるフィールドで表現しながら、”BRIXTON”というフィルターによって、統一感のあるアウトプット。そして、スケーターの生み出すアートが面白いのは、スケートにおいて最も大切なのがスタイルであり、それぞれのスケーターに独自の視点や考え方がしっかりあるからだと思う。U.S.&日本のスケーターが生んだアートを展示し、憂鬱さを吹き飛ばした本イベントの様子をお伝えしたい。

A7301295atari

Dolan Stearns

10代からイラストを描き始め、タバコの空き箱、古い野球カード、車などの様々なものにイラストを描いた作品をメイク。Dolanのスケートを見たことがない方は、映画を思わせるようなレトロな質感の映像や音楽でメイクされたスケートビデオ『Substance』を一度チェックしてみて欲しい。
Instagram @sorry_entertainer

A7300904atari

A7300926atari

鳥のように見えるけど、人間の耳が付いていたり目がひとつだったりなど、実際には存在しない架空のモンスターの絵を描くのがDolan Stearnsの作品の特徴。少し奇妙なモンスターでありながら、よく見るとどれも穏やかで愛らしい表情を持っていて、モンスター達から滲み出る優しさみたいなモノがDolanの人柄ともリンクしている。Instagramをチェックしている方ならご存知であろう、古いタバコの空き箱にモンスターの絵を落とし込んだ作品も展示され、日常にあるものにアートを落とし込むという所もスケーターらしい目線のひとつ。価格も4000円代と手に取りやすいものばかりだ。

A7301321atari

Brian Delatorre

2016年に来日した際には、圧倒的なスキルとともに、各地のスポットでセキュリティとのバトルを繰り広げた事でも話題になったSFのスケートクルー『GX1000』のメンバーとしても活動。20代前半にNYで写真を撮り始め、長年続けているスケートから学んだ感覚を落とし込んだ写真が魅力。
Instagram @brian_delatorre

A7300932atari

A7300934atari

展示された8枚の写真は、全てを合わせてひとつのストーリーになっており、街で仲間と集合していつも行くSFのツインピークスという丘でスケートして、ハングアウトしてまた街に戻ってチルする、という日常の1日を撮ったもの。プッシュしている後ろ姿や、おそらくトリックでケガをしたと思われる手の傷を写した写真など、どれもスケーターだからこそ撮影できるものばかりで、全体として見ると一つのスケートトリップのビデオを見ているような気分にさせてくれる。さらに、1つのストーリーになっているため8枚全てを購入するとお買い得になったり、ストリートならではの価格設定が面白い。

A7301340atari

熊谷 一聖

1996年生まれで、大阪の新世代を代表するスケーターの一人。スケートだけではなく、学生としてデザインやスケーターとしては珍しい建築を学びつつ、水彩画、色鉛筆画など幅広い表現方法を持つ。自身の水彩画を展示した個展『MITI』を12月に金沢、1月に大阪で開催。
Instagram @isseykumatani

A7300929atari

3人のアーティストの中で唯一の日本人である熊谷一聖の作品は、水彩画や色鉛筆画がベースになっており、ノスタルジックさを感じるものが多い。柔らかいタッチと爽やかな色合いで描かれた作品は、まさに熊谷さんの優しい人柄を映し出しているかのよう。展示されていた作品の中でもこちらの3つの作品は、どれも人物が後ろ姿だったり、横を向いていたりと、一緒にいる集団から少し離れた視線で描かれていているのも面白い。作品の水彩画だけではなく、額縁に柔らかい印象を与えてくれる木と和紙を採用していて、細かなところにもこだわっているのが感じられる。

A7301152atari

A7301206atari

A7301259atari

中々直接目にすることができない3人のアートを目当てに、イケてるスケーターやサーファーなどがアートショーに駆けつけていた。Tシャツなどに作品を描いてもらったり、アーティストと一緒に写真を撮ったりと、ここでしか得られない体験を求めて多くの来場者で賑わい、一時は警察も出動するほど。スマホの画面からアートや写真を眺めるのも悪くないけど、実際に目で見て感じるものやアーティストと触れ合う事の大切さとかワクワクする気持ちを、BRIXTONのイベントが改めて教えてくれた。この記事を見て頂いて3人のアーティストが気になったという人は、記載しているInstagramやBRIXTONのHPやInstagramから、他の作品などもチェックして見て欲しい。

A7301356atari

A7301180atari

A7301249atari

A7301333atari

A7301389atari

 
 
– VISUAL RELAY –
日程:2019年1月15日(火)18:00~22:00
会場: THE CORNER
参加アーティスト:Dolan Stance/ Brian Delatorre/ Issei Kumatani
HP:brixton.com
Instagram:@brixton

Photograph_Kazuoki Yasugi [horizont]

TAG:
ART

SNS: